2018年10月のウェブ日記



風の音が凄くてオカンが起きた。


早くこの家を出たい。


どうしたら良いのかは分かってんですよ。逃げ出せば良い。このままいたって何も改善されないんだから、そんなところからは逃げるべきなんですよ。分かってますよ……。


まずは食い扶持を稼ぐために職を探さねばならぬ。ぐぬぬ。


イッツ・嘔吐・マジック(© 田中啓文)……。


さすがにPP-31 プレダキングは買わないです。高いしでかい。タイタンクラスの置き場はないのです。


嫌味のひとつも言いたくなるわ。


どんなに理不尽な目にあっても文句を言わず、ひたすら耐え続けることが善なのだとしたら、おれは悪でよろしゅうございます。ふざけんなよ馬鹿。


ジョン・ヴァードン/浜野アキオ訳『数字を一つ思い浮かべろ』文春文庫|文藝春秋BOOKS、表紙が格好良くて衝動買いしてしまった。こういうタイポグラフィ好きなの……浅暮三文『殺しも鯖もMで始まる』講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部とか好きなの……。


世間では三連休らしいのだが、どうもおいどんには休日がないようである。


山田うどんのうどんがうまくなったと小耳に挟む。本当かな? 「肉汁うどん」と「かかしカレー」が食べたいにゃあ。


ムカついたから仕事サボろう。


あ、フライホイールはシージで出るのか。買います買います。


赤狩り』より引用

しかし、それは連中のあげている表看板にすぎない。/本当は、人々が自由にものを考え、表明する「自由」そのものを狩ろうとしているんだ。

引用元:山本おさむ『赤狩り(1)』(ビッグコミックス)167頁

最近ビデオで観た『ゲット・アウト』(ジョーダン・ピール監督、2017年)、それなりにポリティカリーコレクトな作品だったと思うんだけど、充分おもしろかったですよ。表現が萎縮してるような感じもなかったし。「ポリコレのせいで創作物の質が低下し」云々てのは、単にそいつ、あるいはそのグループの実作能力が低いだけなんじゃないすかね。


あ、上の引用と『ゲット・アウト』の話はまったく関係ないですだよ。なんか繋がってるように見えるけど。


先月から、ある意味皮肉る意味で2次元エロ(萌え、と言ってしまっても良い)のことを「HENTAI」表記していたんだが、これ、もうやめます。


童貞もしくは限りなく童貞に近い成人労働者男性がハイティーンの女性(大抵高校生)とステディな関係になる、みたいな設定の創作物を――特に一般向けで――見かけるたびに気分が悪くなる(いろいろな意味で)。


というか年間300万程度も払えないんだったら人なんか雇うなや。てめえでやれ。


労働者になりたい。誰か雇って。


あ、これは来月現金が手に入るまで、一円も使えなくなりましたね。ぐへへ、ついに借金生活か……。


今年の頭から今日までに負担した(支払った、ではない)消費税額、ひと月分の収入並みだぜ。そりゃあ低所得者は死にますわ。


ラードで揚げた揚げ物って、揚げたてだとうまいんだ。はーん。おれ、冷めたやつしか食ったことないから、「ラードで揚げた揚げ物は臭くてクソまずい」という印象しかないんだよな。まあ、揚げたてを食うことはまずないだろうから、この印象が覆されることもあるまい(最近揚げ物を受け付けなくなってきたおっさん)。


先のない職場やな。それがよく分かった。


来年の「10連休」(祝日が増えることはよろしいが、そもそも休みにならない人や休日が増えることで収入が減る人がたくさんいるということをまずはどうにかしなきゃなんないのでは)までにはまともなところで働いていたい。ところでいまさら「来年の」祝日増やされたらカレンダー業者の人大変ですな。訂正シール配らなきゃいけないんじゃないすか?


このまま負債額(未払金)が動かなければ現金借入しなくても回すことができるぞ。頼む。


時給1,000円なんて理論上の上限(52週×40時間=2080時間)いっぱいまで働いても年収200万ちょいにしかなんねんだぞ「いうほど低賃金ですかね」て充分低賃金だろうが。ムキー!


ちなみに年間2080時間労働をこなすには1日8時間労働を260日もしなきゃなんねんだぞ。年間休日たった105日だ。ムキー!


あ、「残業とか休日出勤すれば良いじゃん」ですか。そうですね、割り増しでお給金いただけますからね。年間の労働時間がそこまでいかなくても同額稼げるかもしれませんね。ありがたや~ホンマ雇用主さまには足向けて眠れませんぞ~。


喫煙をやめてからQOLが低下している気がする(いやまあ将来的には喫煙によってQOLが低下する可能性があるわけだから、吸わないに越したことはないと思うが)。たばこが嫌いになったからやめた、というわけじゃないからなあ。好きで好きでたまらんかったけど、金がなくて買えなくなったからやめざるを得なかったわけで。そりゃあね、快楽がひとつ、味わえなくなってしまったという悲しみがありますわね……。


ちょお久々にエロゲーのボーカルCDを聴いている。うーん。


Mozilla Thunderbird 60.2.1(64bit)をインストール。


わたし、アニメはぜんぜん見ていないので、アニメの話をされても何も分かりません。嫌いなわけじゃないです。ただ、見る習慣がないのです。


おれはどちらかというと率先して全体主義に組み込まれていくタイプなのであんま偉そうなことは言えませんが、全体のために個が奉仕するという構図は反吐が出るくらい気色の悪いものですわね。嫌いだとか駄目だとかいう以前に、気色悪い。おげえ。


自己認識ではぼくはオタクじゃないです。「いわゆる『オタク』」が好むコンテンツ(e.g. エロゲー)を愛好してはいるし、客観的にはオタクとされるでしょうが、そう自認する気はありません。なんつーかな。昨今の「オタク」を名乗っているあのコミュニティというか場というか、あの中にはどうしても入る気がしない。なんかそんな感じ。


数ヶ月前(半年も経っていない)のウェブ日記を読んでみたら、なんか結構元気だった。あー。消耗したのかな。


あ、『斬、』の音楽、石川忠なんだ。そっか。


「男の性欲はコントロール不能」みたいな変な言い訳?すんなよ。自慰が禁止されてるわけでもあるまいし、それで「コントロール不能」なんて馬鹿も休み休み言えよな。結局、「射精したい」んじゃなくて「対象を支配したい」だけでしょ。アホくさ。


おれがモテないのは性格がサイテーのクソ野郎だからですだよ。それ以外の理由はないです。