2017年11月のウェブ日記



深夜に行政の防災無線が鳴るとやけに心拍数が上がる。Σの仕業かな。


嵐の中で輝きたいのである。


ダーレン・アロノフスキーの新作が日本公開中止、という記事を見かける(物議醸したJ・ローレンス×『ブラック・スワン』監督のサイコスリラー、日本公開中止|シネマトゥデイ)。スタジオ(米パラマウント)の意向で、ということらしいので契約関係でのこじれじゃろか。まーなんにせよ残念ですたい。ビデオは出るかな。


明日のタイムテーブルを作る。


金が欲しい。


インスマウス(大西訳)にでも行くかな。


使ってる拡張機能のほとんどが非対応なのよね……。


バージョンアップでショートカットキーの組み合わせ変えるのやめちくり〜。


きがくるっとるとしか思えない……。


どうでも良いけど象って可愛いな。


鮪ってうまいか? 好きじゃねえな。


男性差別ってなんだ……?


たいした数持っているわけでもないのに収納スペースがなくなってきたため、フィギュアと玩具、プラモデルの箱を処分することにした。リブート版ダイアクロンとウイングの「君がロボ博士」シリーズはとっておこう(どういう基準なんだ)。


ホビー類よりもエロゲーの箱のほうが邪魔やな。捨てるか。


猫と戯れるのも疲れるのう。


Amazon.co.jpと比べると、ヨドバシ.comの顧客レビューは短くて直截的なものが多い印象ですね(レビューそのものは格段に少ない)。アマゾンレビューは商品とはあんま関係ない自分語りとかポエティックな表現があるようなないような。だからどうしたって話ですがね。


『ドリーム』(セオドア・メルフィ監督、2016年)と『ブレードランナー 2049』(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、2017年)を観た。どっちも(方向性は違うけど)泣いた。前者は非常に気分の高揚する映画で、クライマックス何回あんだよ、と思うくらいアガりっぱなし。スゲー良かった。後者は『ブレードランナー』(リドリー・スコット監督、1982年)に思い入れのない人間としては、『ブレラン』の続編なんて(ファンの人たちとは違う意味で)観たかないわなあと思っていたんですが、おれたぶんドゥニ・ヴィルヌーヴのタッチが好きなんだね。観ているあいだじゅう心地が良くて、もっと観ていたいと思った。5時間くらいでも良んじゃね。


好況感?


おれも3連グラビトンを吼えさせるべきか……まあTFとかプレバンとか、そっちはまったく買う予定がないので金銭的には問題ないんですがね……とりあえずビッグパワードGV|タカラトミーで一通り遊んでからですな。


「『女子高生』と組み合わせれば企画が通る」ふうに見えるんだが、どうなの、それ。


ううん、EよりもABが欲しい。


金を欲しがるやつは卑しい、清貧こそ至上、みたいな価値観は本当に滅んでくれ。


あと数ヶ月待ったら一般販売しそうな気がする(決算前の在庫整理かなんかだろうし)。しかし、ああしかし。物欲には勝てぬ、勝てぬのだ……。


カウンターにカルトン置いてない店ではどこに視線をやったら良いのかわからなくて困る(気が弱く他人と目を合わせられないので、会計時はたいていカルトンをじっと見続けている)。


久々にマッダーナゥのサンドイッチを食う。うまい(うまくはない)。


ギエー、今月の支出が大台(おれ基準)に乗ってしまった。まずいですよこれは低価格エロゲーも買えませんよ!


基本が相互監視だからじゃないの?


ガスが入っていた缶。注意事項に「自治体の分別に従って処分しろ。絶対に缶に穴を開けるな」と書いてある。一方自治体の指示では「必ず穴を開けて潰して出せ」となっている。どちらを守るべきか……。


一部の企業では空前のカネ余りらしいので、1億円くらいくれねえかなあ。余ってるってことはいらんのじゃないかね。


労働者になりたい。


ああー、エスカイヤクラブ! 労働者だったときに職場の飲み会だかなんかで一度だけ行ったことあります。何が良いのかまったくわからんかった……正直バニーガール(衣装)嫌いだし……。


「おとなしく」「正義感が強い」人間が、他者を人前で馬鹿にするかね?


積んでるプラモ(そんなに数はない)を作ろうと思ったけど、寒くて指が動かぬ。こりゃ駄目だ。


煙草吸いたいにゃあ。