2017年2月のウェブ日記



先月の終わりごろから心身ともに余裕がない(余裕レスなときほどこの日記の更新ペースは上がる)。あーストレス溜まってるなーと思う日々。まあまだ自覚できるだけマシなんだけど、これ、このままほっとくと気づかぬうちに許容量(量?)越えちゃうからなあ。どうすっぺ。オナニーするかな。


オナニーなんかよりも筋トレしなさい。うおおおおお。


ひさしぶりに第一旭食いてえな。つってもたかばしの本家本店には行ったことがなく、のれん分けされたチェーン店のたかばしラーメンでしか食ったことがない。通販で頼むかな。


「牧歌的な日常がいきなり破壊される」というツカミの意図は分かるんだが、この撮り方(語り方)では主人公の心情に共感できないぞ。チルチルミチル青い鳥かっつーの(チルチルミチルのミクロフィルター好きやったで)。


コンビニのバーガー類は高いねえ好きだけど。


一ユーザーに過ぎないわたくしは、KOUNYUUしてプレイすることしかできんのです。なんだかんだ叫んだって、好きなものは好きだからしょうがない。


ぱっと目に入った一般漫画の表紙に「お、この絵可愛えやん。作者チェックしとこ」と思ってよく見たら好きなエロ漫画家だったときの名状しがたい奇妙な感情を、オレは何に例えよう。


OVERDRIVE EDITIONはプレイするべきか否か。イントロで死にそうになるのはしょうがない(人生初エロゲのため。年齢は気にしないでくれたまえ)。


オーウェル好きとしてはあんまり喜べない状況ですぞ(クソエアリプ)。


白い膿が出るわ。


おれの三日天下がはじまる……リベラテ・メ……。


ラーメンショップとマクドナルドと山田うどん、という選択をせまられる。味で考えればラーメンショップが一番マシなのは誰の目にも明らか(そうか?)だが、おれはラーメンショップよりも山田うどんのしょうゆラーメンのほうが好きなのだ……かつてのサービスエリアで提供されていたような冷凍丸出しのあのラーメン……「うまい」とか「まずい」とかいう次元ではない……あれがおれの青春なのだ……。

あ、マックは無いっす。


個人的に、コンビニの冷凍ラーメンはうますぎるのであんまり好きじゃないです。


ラーメンはいらんかったな……。


おれ、ギャルゲ事始は『ときめきメモリアル2』(コナミ、1999年)だったから、「頬が赤い=ときめき状態!」という思い込みがある。ヒロインが頬を染めるというのは、自分を鍛えたりデートを重ねたりしてやっとここまで、という達成感を覚える里程標的なものでもある。

そこいくと、昨今のエロゲーキャラは最初から赤すぎる気がすんだよな。なにもしていないのに。話が進んで男女の関係になろうかというときでも、頬の赤さは変わらない(いやもちろん照れたりすると赤みは増すが、これは関係が進んでいなくてもそのフェイスパターンが使用されるため、特別な表情ではない)。塗り技術やPC画像表示能力の向上は大いに歓迎だが、「血色の良い顔」表現は個人的にはあんまり「好かれた」感がない(正確には変化に乏しい)ので、もうちょっとなんとかならんかなと思います。

……まー懐古主義者のたわ言だわな。時代に取り残され進歩に順応できないものは、ただ去るのみ。


役者はすごいな……。


アニメーションで作られた商品プロモーション映像(テレビCMとかミュージックビデオとか)を見たときのアンビバレンスな心境。既存のキャラクターが使われているときはそこまでぐぬぬとはならぬ。ほぼ怒りである。


狙撃兵ってそれなりの戦闘エリートじゃねえの? そりゃなるのは大変でしょうよ(クソエアリプ)。


ひさしぶりに『てとてトライオン!』やりたくなってきたな……夏海が好きなのだ……てまーも好きね……会長も好きよ……太眉は至高……(『こいのす☆イチャコライズ』は予約済みですカワバンガ!)。


あたしはね、器は小さいし肝も小さいしチンコなんてミジンコくらいの男ですがね、態度だけはでかいんですよ!


エスケープ・フロム・L.A.』より引用

Snake Plissken: Welcome to the human race.

引用元:Escape from L.A. (1996)|Quotes - IMDb

『エスケープ・フロム・L.A.』のラスト、スネークが拾う煙草がAMERICAN SPIRIT(パラマウントのDVD日本語字幕では「アメリカ魂」)っつー暗喩もクソもない銘柄なわけですが、これは日本でナチュラルアメリカンスピリットとして売られているアレなんですかね。パッケージのデザインが違うし、映画用に作られた架空商品なんかな。どうでも良いんだけど、わたし、気になります。


もう2月も終わりとか……『アンブレイカブル』でも観て気合を入れようかな……。


まあ遠近法でしょうねえ。